1からコーチングを学びたい!

子育てコーチングセミナーは、数回にわたって、様々なテーマを設定し進めていきます。
どんな内容があるのか、このページではお伝えしていきます。

SEASON 1

第1回 「承認」
 
「褒める」のとは違い、子どもの存在そのものを「承認」します。
 「承認」されることで、やる気が出て、自ら行動する意欲が湧きます!

第2回 「タイプわけ」
 それぞれタイプが違い、個性があります。コミュニケーションの
 タイプを知ることでお互い尊重することができ
 コミュニケーションが上手くいかない時は
 アプローチの方法を変えることができます。

第3回 「事実と解釈」
 相手の話していることが事実なのか解釈なのかを聴き分ける
 ことを学びます。聴き分けることで、より客観的に物事を捉えることが
 でき、問題解決につながります。

第4回 「優位感覚」
 人はそれぞれ優位に使っている五感があります。優位感覚を知ると、
 自分に合った勉強法や効率よく仕事をこなすこともできます。
 そしてコミュニケーションにも役立つことがたくさんあります。

第5回 「フィードバック・提案」
 指示、命令ではなく、フィードバック・提案という形で
 言いたいことを相手に伝えることで、
 相手は素直に聴けるようになり、
 言われたことをちゃんと考えるようになります。

第6回 「信頼関係・ラポールを築く」
 
信頼関係を深めるために、言葉としてのスキル、言葉ではない部分
 でのスキルを学びます。
 お互いが安心でき心を開くことにつながります。

第7回 「聴く」
 心を傾けて相手の話を聴くことを学びます。
 傾聴された子どもは、安心感が得られ
 色々と自分の思いを話してくれるようになります。

第8回 「人間の基本特性」
 人間という動物の基本特性を知ることで、どうしてコミュニケーションが
 上手くいかないのか、どうしてこのような感情が沸き起こってくるのか、
 いろんなことがわかります。

第9回 「質問」
 相手の情報を得るための質問ではなく、
 相手が考えるきっかけを与える質問をすることで、
 自分で考え、答えを出し、自ら行動するようになります。

第10回 「ニューロロジカルレベル」
 意識レベルのことを学びます。
 どの意識にアプローチするのかで行動や環境に大きく影響します。

第11回 「目標設定・アファメーション」
 イチローや石川遼さんは子どもの頃に具体的な夢や目標を
 明確に持っていました。
 子ども達が夢や目標を持つ事の大切さ、
 どうやって持たせたらいいのかを学びます。
 


SEASON 2

第1回 「フォローアップ 1」
 ベーシックから学んできたコーチングスキルの振り返りと
 実践的に使う練習をします。
 練習してみることで、自分のこれからの課題が明確になったり、
 コーチングスキルを体感し、効果をより実感したりできます。

第2回 「強み」

 まず自分の強みを知り、活かすことで、
 自分のコミュニケーションや仕事をより上手くできるようになります。
 そして、家族の強みにも目を向け、
 家族の強みを引き出せるようになります。

第3回 

カテゴリー: コーチング

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。
    何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは即時には反映されません。

Special Link

イラストレーター
佐藤 玲奈さんのwebサイト

イラストレーター佐藤玲奈HP

▲Pagetop