川崎・子育てコーチングセミナーご報告

1月9日(月祝)は川崎での子育てコーチングセミナー第1回でした
この日は成人式だったので、電車の中や駅はとっても華やかで気分もup
7名の方が参加してくださいました。
戸塚の子育てコーチングセミナーの参加者の方と比べると、
川崎はお子さんの年齢が高く、お子さんが高校生から大学生、社会人などと

子育てに関しては私よりもずっと、先輩だしベテランのみなさんです
珍しく(?)ちょっと緊張して、はじめましたが、
お話しているうちに、やっぱり私は講師ではないのだから、
子育ての先輩として素直に私も学ばせていただこう。
コーチングに関しては私の方が知っているけど、一緒に学ぼう。

って思ったらそれから、とっても場が和みました
テーマは「聴く」でした。
ロールプレイでそれぞれの日常で設定してもらいましたが、
普段なら絶対「傾聴」なんてできないんだけど
あえて、お子さんが「学校やめて留学したい」など親は反対するだろうな
というテーマをやってみました
と言ってくださった方がいらっしゃいました。

「普段なら絶対、そんな落ち着いて聴けない・・・
でも、ロールプレイをやってみて、普段なら聴くことのできない子どもの気持ち、
反対されてもやりたいという、その先の気持ちが聴けました。」
ってシェアしてくださいました。
子ども役の方も、

「まずは「傾聴」してもらうことで、反発して「絶対行く!」とかいう気持ちにならずに

もう一度、本当にこれでいいのか自分で考えられました。」
というシェア。
素晴らしい
なんだか、すごいなって感動しました。
あえて、日ごろできないことを、セミナーでチャレンジしてくださったことも、
子どもの奥の気持ちに気づいたことも、
傾聴されたら、子どもも冷静に考え直す気持ちになるということも、

これに気が付いただけでも、
たとえ、家に帰ってできなくても、
でも、絶対に今までとは違う
って思うんです。
こういう「気づき」を大切にしたいなって思いました

参加者の方のアンケートから
 貴重な経験でした。普段やらないこともやったのでプレッシャーもあり疲れました!
  コーチングはテクニックではなく、もっと内面的な部分なのだなと思いました。
 自分の課題が少し見えてきました。
 「聴く」の大切さを感じ、傾聴を実践してみようと思う。
 初回なので少し構えてしまいましたが、とても楽しくできました。
   聴く事は信頼の構築で都合のいい答えを要求するものではないとわかりました。
 体験を通して自分自身を発見することができてよかったです。
  人は問題を解決することだけでなく、しっかり受け止めてもらうことでもOKだと実感しました。
などなど、ご参加くださり、ありがとうございました
また、ぜひご一緒に学ばせていただけたらと思っています

カテゴリー: セミナー、講習会のご報告

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。
    何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは即時には反映されません。

Special Link

イラストレーター
佐藤 玲奈さんのwebサイト

イラストレーター佐藤玲奈HP

▲Pagetop